【海外旅行準備】あってよかった持ち物&便利グッズ – 機内持ち込み・預け入れ荷物別

旅の信条としては「できるだけ身軽に、持ち物は少なく」なんですが、やっぱり持っててよかった、あってよかった、というのは、ある。
そんな便利だった海外旅行の持ち物をまとめてみました。必携のラインナップじゃないので、チェックリストにはいれないで、自分に合ったものを持っていってね。

スポンサーリンク

機内持ち込み用手荷物編 便利だった持ち物

海外旅行、国内旅行にしても飛行機に乗るときは預け入れ荷物機内持ち込み手荷物の2種類を意識して荷造りをするといいですよ。機内には100mlを越える液体や刃物など危険物は持ち込み禁止っていうルールもちゃんと把握しときましょう!

さて、最初は機内持ち込みの手荷物にいれといたほうがいいもの。

◎ボールペン

ボールペン

PDPics / Pixabay

到着ロビーに記入する場所あるけど、機内で入国票やらなんやらを事前に書いておけるので。
社会人(?)は普通持ってると思ったけど、一応書いておきます。

◎ジッパー付き袋

特に女性は化粧品や日焼け止め、その他諸々まとめるのにつかうよね。
液体はそれぞれ100mlを超えない容器に。さらにジッパー付の袋(タテ20cm×ヨコ20cm以内、1L未満の透明なもの)に一つにまとめる。

保安検査所の手前で「これも液体だった!」ってよくなるので袋は余裕のあるサイズのがいい。ヘアワックスや歯磨き粉、味噌なども液体とみなされるから注意ね。高価な美容液だって容赦なく捨てられちゃいます。
必要ないものは機内に持ち込まないのが一番かな。

ジップロック お手軽バッグ S100枚入

新品価格
¥506から
(2016/6/9 13:03時点)

◎ショールなど

機内や、到着してからホテルまでのタクシー内など当面の寒さ対策。あと、丸めて首や腰にかってもいいよね。
ビーズクッションのネックピロー、邪魔じゃないのかな?長時間のフライトならいいのかも。

◎ワセリン

これ万能だから!手放せません。
唇・顔・髪・全身の乾燥を防ぎ、靴擦れ(痛くて観光どころじゃない)しちゃたときのの摩擦軽減にも使えます。勿論予防にも!
わたしは旅先ではメイクしないけど、メイク落としにもつかえるんだってさ。

ヴァセリン オリジナル ピュアスキンジェリー 40G

新品価格
¥210から
(2016/6/10 11:16時点)

預け入れ荷物編 便利だった持ち物

危険物の制限に引っかかるものや、機内で使わず嵩張るものは預け入れ荷物へ。

◎箸・ナイフ・栓抜き

食べ物買ってホテル戻ったらフォークないやんけ!どうやって瓶ビール開けるの!ってときに。
ナイフはパンやチーズ、果物を切り分けるのに使える。刃物は機内持ち込みできないので、スーツケースに。保安検査所手前のゴミ箱に大量に捨てられてるやつ↓

◎大き目の折り畳めるバッグ

立派なものでなくていいんです。帰り、荷物が増えたときに活躍してくれます。
ロンシャン(LONGCHAMP)の折り畳みトートバッグが流行ってますが、見た目を気にしなきゃスーパーの袋だっていいんですよ…。

うげ、調べてみたら高いな!学生からおばさんまでみんな持ってるロンシャントート

◎速乾タオル

マリンスポーツする人はもってるんじゃないかな。

折りたたんで小さくなるので、国内旅行でも日帰り温泉や公衆浴場行くのに重宝しております。日本人らしく手拭いでもいいんですが。髪が長い人だとそれじゃ、おっつかないからね。

◎ビーサン(ビーチサンダル)

室内履き用のスリッパがペラペラの安物でしかも大きすぎる、ってことがよくあります。そんなときに。
東南アジアのあるホテルでシャワーの水はけがよくなくて足元が水浸し、気持ち悪い…ってときにも活躍してくれました。

○旅行用の洗濯グッズ

3泊以上の旅行は特に。服や下着も多くは持っていかず、現地で洗濯しちゃいます。

洗い物をスーツケースに入れて持ちかえるの、気持ち悪いしね~。

△変換プラグ

忘れてもホテルで借りられたりするんで持って行ったことないです。
日本人観光客があんまり行かないとこだったら持って行った方がいいかもね。

MOCREO・安全旅行充電器 海外旅行用変換プラグ

新品価格
¥1,668から
(2016/6/9 13:27時点)

【まとめ】海外旅行って言っても神経質になるこたぁないのよ。

旅行

jackmac34 / Pixabay

海外旅行するといっても、何も特別なもの持っていく必要はないと思うのです。

必要なのはパスポートクレジットカード(じゃなかったら現金?)、飛行機・宿のバウチャー(スマホに保存してあるならスマホ!と充電器)くらいかな。

忘れたら現地で買えばいい!…っていっても、旅行先がそれなりに都会で、お金のある人だったらいいいんですけどね。節約だぁ!エコだぁ!!ってんだったら自分のもの、持っていきましょ。それくらいです。

※でも最近はエコのために歯ブラシを置いてないホテルもあるんですよ(フロントに言えば貰えます)。

皆さんの「これ持ってけ!」もおしえて頂けたら嬉しいです。それでは皆さん、良い旅を!

海外旅行にはバックパックとスーツケース、どっちがいいの?旅のスタイルで賢く選ぼう!

この記事を書いた人

べるべる
べるべる
小学校の頃から南国に憧れて、いまでは立派なアラサー会社員ですが夢見がちな所は治らず。加えて温暖な平野でぬくぬく育ったため寒い所や山道のような過酷な環境は苦手です。
隙あらば海外行く!みたいなガチな旅人ではないところを敢えて強みに、ゆるふわなブログを提供します。

この記事が気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

Twitterでべるべる@トラベルナビリンクをフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA