【機内持ち込み編】パッキング例 ややこしい海外旅行の荷造り・持ち物をスキッと解決!

機内持ち込み手荷物について
さて、海外旅行をすることになって航空券や宿の手配は完了したとなったら次は荷造りですね。旅に行きつけないと、やたら荷物が多くなってしまいがち。しかも行先は勝手のわからない海外です。
加えて、海外旅行のパッキング(荷造り)をややこしくしているのは、機内持ち込み荷物預け入れ荷物(受託手荷物)それぞれにルールがあるからではないでしょうか。
今回は機内持ち込み荷物の規制と、それにのっとった持ち物リストをご紹介します。

スポンサーリンク

機内持ち込み荷物、気を付けるのはこの3点

保安検査所を一緒にとおる、機内持ち込み手荷物
ルールがややこしそうにみえますが、下記ポイントだけ気を付ければ大丈夫!!

  • ・サイズ/重さ/個数
  • ・危険物
  • ・液体の持ち込み制限

さて、続いてポイントの内容を詳しく見ていきましょう。

機内持ち込み手荷物のサイズや重さ、個数の制限は?

ここでは、代表的なJALANAの持ち込み可能な手荷物を簡単に紹介します。ですが航空会社によって違いがあったり変更のあるものなので、利用する航空会社のサイトをチェックするようにしてください

ANAとJALではこんな感じ

機内持ち込み手荷物の大きさ・重さ制限

  • 個数:ハンドバッグなど身の回りの品のほか1個
  • 重さ:10㎏
  • 大きさ:55×40×25 3辺合計115cm以内
    (座席数が100以上の場合)

重量は10キロ制限の航空会社が多いですが、一部7㎏のところもあるので注意!そして、サイズもまちまちです。
(少し調べたところでは重量制限が7㎏だったのはJetStar、シンガポールエア、デルタの一部の便などでした)

参照:
機内にお持ち込み可能なお手荷物(お手荷物) – JAL国内線
手荷物[国内線]|ご旅行の準備[国内線]|ANA

サイズ制限が違う!座席数が100席未満の飛行機とは?

JALやANAでは搭乗する飛行機が100席以上か未満かによってサイズの上限が違います。
⇒合計:100cm 以内
45cm × 35cm × 20cm以内
ですが、座席数が100席未満の飛行機は国内便(地方間や離島行き)に使われており、海外旅行の際はこのサイズに気を付ける必要はなさそうです。

ちょっとくらい荷物が多くてもいいだろう…が遅延の原因に?

国内線のLCCに乗った際、搭乗客の手荷物が多すぎてキャビネットに納まりきらずCAさんが空きを探して右往左往…
なんとか座席の下に荷物を移したり、遠くの席のスペースを譲ってもらい押し込んで…というやりとりの後、30分遅れで出発。
まさか、手荷物が収まらなくて遅延するだなんて~。
LCCの機体って座席数を詰めて多くとっているから、それだけ手荷物制限をシビアにしなくてはいけないんでしょうね。

飛行機に持ち込みができない危険物

爆発や引火の恐れがあったり、毒性のあるものは機内持ち込み・預け入れのどちらもできません。
旅行で持ち歩くようなものに思えませんが、必要な場合は現地調達が賢明でしょうね。

  • ・高圧ガス(キャンプ用ガス・ダイビング用ボンベ・スプレー缶)
  • ・火薬類(花火・クラッカーなど)
  • ・可燃性物質(炭・マッチ)
  • ・酸化性物質(漂白剤・瞬間冷却材など)
  • ・毒物類(殺虫剤・農薬)※虫よけはOK
  • ・引火性液体(ライター)
  • ・その他の有害物件(リチウムバッテリーなど)
  • ・放射性物質など
  • ・腐食性物質(水銀など)
  • ※一部機内持ち込みの例外あり。

危険物リストに載っているもので、どうしても海外で必要なものは、しかるべき梱包と申告をして輸送する方法もあるようです。しかし大変そうだなぁ…。

国土交通省のpdfがあったのですが、読み通せませんでした!!長い。
航空機による爆発物の輸送基準等を定める告示 – 国土交通省

モバイルバッテリー・ライター | 預け入れはできないけど、機内に持ち込める(場合もある)危険物

条件付で機内持ち込みができる危険物 ※逆に、預け入れ荷物にはいれることができません。

航空会社によって制限が違います!事前に確認を。

  • ・ライター
    (でも、機内で喫煙はできませんのであしからず!)
  • ・モバイルバッテリー⇒詳しくはこちら

↓関連で、こちらの記事もどうぞ。

海外旅行で要注意!?機内持込みできない持ち物<花火・モバイルバッテリー・スプレー・傘>

国際線の液体持ち込み制限

既に書いたサイズ制限・危険物、そしてこの液体の制限をクリアしてしまえば大丈夫です。あとちょっと!!

機内持ち込み手荷物の液体制限

  • ★それぞれ100ミリリットル以下の容器に入れる
  • ★容量1リットル未満、縦+横が40cm以下の密閉できる透明なプラスチック製袋1つにまとめる
  • ★プラスチック製袋はジッパーじゃなくてファスナーでもOK

勘違いしがちですが、内容の液体が100ml以下でも、容器が既定より大きいといけません。

最近規制が緩くなっているとの噂ですが、規則を破って持ち込めず破棄、ということになっても自分が悪いんですよ~!

液体の機内持ち込み「特別な例外」

  • 医療品(処方・市販ともに。処方箋の写し、診断書、薬の説明書を持って)
  • コンタクトレンズの液も医療品に含まれる
  • ベビーフード・ミルクなど

それぞれ機内で必要な量。検査員に申告しましょう。

出国手続き後のエリアで買った液体は機内への持ち込みOK

手荷物検査と出国手続きを終えて、出発ロビー内の売店や免税店で売られているものに関しては持ち込んでも問題ありません。
ただ、トランジット(乗り換え)で、改めて手荷物検査があった場合没収されてしまう可能性大!乗り換えをする航空会社や国の決まりによります。

どうして液体の持ち込み制限が厳しいの?

2006年の英国での航空機爆破テロ未遂事件を受けて国際民間航空機関(ICAO)が決定した国際的なルールです。液体性爆発物を使用する計画だったとか。

機内持ち込み手荷物 持ち物リスト

機内持ち込み手荷物

この持ち物リストは、機内持ち込み…というよりハンドバッグなどに入れて、すぐ取り出せるようにしたい持ち物リストです。

旅行の道中で「出国帰国に必要&携帯するもの」と「ホテル到着後まで必要ないもの」を意識してわけて荷造りします。
ハンドバッグの中身はもちろん前者です。

全ての荷物を機内持ち込みする場合も、必要のないものはバックパックの奥深くorスーツケースに。ホテル到着まで開けずにいいようにします。
それでは旅行の日程を想定しつつ、持ち物リストをご紹介。

【家~空港】いつものお出かけに必要なもの、持った?

気合入れた旅行になると、普段のペースを失って意外な忘れ物をしがち。
一応チェック!

  • ★★★財布(現金、クレジットカードを予備と合わせて2枚以上)
  • ★スマホ・Wi-fi
  • ★モバイルバッテリー ≪必ず手荷物に入れる!制限有
  • ★★家から空港間の移動手段の何らか(鉄道ICカード、切符など)
  • ★ハンカチ・ティッシュ・ウェットティッシュ
  • ★身だしなみ用品など(化粧品・日焼け止め・くし) ≪液体注意!
  • ★エコバッグ
  • 雨具

ティッシュはトイレットペーパーが無いことを想定して多めに。スーツケースの中にも予備を。

海外用のWi-Fi、空港で受け取り&返却ができるの楽でいいね。


【空港到着!チェックイン&出国】最重要★海外に行くのに必須!

  • ★★★パスポート:これを忘れたら話になりません。
  • ★★★ビザ:事前申請が必要な場合のみ。米国領渡航にはESTAのプリントアウト
  • ★★★航空券・バウチャー:メールで送られてきたものをプリントアウトなどおきましょう

【機内】快適に過ごす

ここらへんのアイテムは機内で過ごす時間の長さで持っていくか決めるといいでしょう。ヨーロッパなんて十何時間ですものね。

  • ★マスクやアイマスク
  • ★乾燥対策グッズ
  • ★ネックピロー?
    (かさ張るからわたしは持っていかないけど)
  • ★暇つぶしグッズ・ガイドブックなど
  • ★入国票記入のためのペン

【現地空港到着からホテルチェックインまで】スーツケースの荷ほどきはホテルに着いてから!

案外ここは盲点じゃないですか?じゃない?まぁいいや。
カーディガンや帽子など、現地に着いて直ぐ必要になるものをスーツケースに入れてしまうと空港で荷ほどきする羽目になります。(体験談)

  • ★現地の気候によって調整できる上着・着替えなど
  • ★★ホテルチェックインのためのバウチャーや道中の地図など
  • ★★少額の現地キャッシュ

現地キャッシュは現地に着いてから両替するか、ATMでキャッシングするので、事前に用意するものではないですが。ホテルに着くまでに食事したり、買い物したりすると思うので。

プラスα | 備えあれば憂いなし、の持ち物

  • ・パスポートのコピー
  • ・予備の証明写真
  • ・旅行保険保険証

証明写真に関しては持って行ったことがありません…。
パスポート紛失の際に必要となるそうですが、写真とるだけなら現地でも用意ができますよね。ただ、時間がかかってしまい急を要する場合(明日仕事だから帰らなきゃ、とか?)に困る!って話みたいです。

まとめ | 持ち込み制限と持ち物リストを一気にやったら多かった

いかがだったでしょうか。前半の制限内容が、ちょっと情報が多過ぎな感じが否めませんが…
道中シュミレーション荷造りで、ちゃんと準備できたでしょうか?
この方法なら持ち物チェックと、旅行行程のイメージが一緒にできてよいかと思います。

わたしは全体の荷物が多くないので、機内持ち込みだけで済ませてしまうこともあります。
だって預け入れ荷物がターンテーブルに出てくるの待ってるの面倒だも~ん。

それでは、皆様よい旅を!!

この記事を書いた人

べるべる
べるべる
小学校の頃から南国に憧れて、いまでは立派なアラサー会社員ですが夢見がちな所は治らず。加えて温暖な平野でぬくぬく育ったため寒い所や山道のような過酷な環境は苦手です。
隙あらば海外行く!みたいなガチな旅人ではないところを敢えて強みに、ゆるふわなブログを提供します。

この記事が気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

Twitterでべるべる@トラベルナビリンクをフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA