【旅行準備】海外旅行はパッケージ旅行と個人旅行どっちがいいの?

海外旅行準備

海外旅行に必要なのは目的の国へ行くための航空チケットと宿泊先。その予約はどうしたらいいのでしょうか。Webサービスで簡単にプランが検索できますが、どれがお得で自分に合った決め方なのか悩みますよね。そんな疑問をメリット、デメリットを挙げてみてみましょう。

スポンサーリンク

海外旅行はパック旅行か個人手配か

海外旅行に必要なのは目的の国へ行くための航空チケットと宿泊先。その予約はどうしたらいいのでしょうか。
ネットの発達で、販売元(航空会社やホテルなど)から簡単に直接商品を手配、購入できるようになりました。
また、旅行会社や旅行サイトなどが提供するダイナミックツアーといって航空券と宿を選べる新しいジャンルのプランも登場し、結局どれが一番安いのか混迷を極めている、と感じる次第です。実際、Webサービスが発達したことで旅行の予約は簡単になり、パック旅行と個人手配の線引きは限りなく曖昧になっていると言ってもいいかもしれません。

なんだかんだ言いましたが、Web上で個人手配が手軽になってきているとはいえ、最初の海外旅行は程度の差こそあれパック旅行をオススメします。それは、手配が難しいなどの問題よりも、やはり実際に海外旅行に行った際のパック旅行についてくるサービスが理由でです。
それではそれぞれの特徴やメリット・デメリットをご紹介します。

旅行会社主催のパック旅行を利用する

パック旅行とは往復の航空券、宿泊先に加え観光プランが用意されていて、3食の食事付きといったものです。パッケージツアー、パックツアーともいいます。

海外旅行でも、全日びっちりスケジュールが組まれている、というパック旅行は実は少なくなっています。90年代以降の旅行のニーズが多様化に合わせて旅行者が自由に組み立てられるフリープランのツアーが増えていったようです。全日予定が用意されているもの、一部のみフリープランとなっているもの、全日フリープランのものなどがあります。

全日フリープランでも、現地発のオプショナルツアーを利用して自力での移動なしに滞在期間を過ごすことも可能です。しかし、この場合従来のパック料金より割高になってしまうこともありますので注意が必要ですね。

パック旅行のメリット

  • プランを自分で立てなくてもよい為、楽ちん
  • 航空券・ホテル宿泊が旅行会社経由だと安い
  • 現地空港から宿泊ホテルまでの送迎があるため、特に深夜着の場合などは安心。
  • 3食決まっている場合は食いっぱぐれがない
  • 添乗員や現地ガイドがトラブル対応してくれる(かも)

やはり、楽です。添乗員さんが付くような完全なるパック旅行であれば入国審査以外一言も喋らずに海外に行けるでしょう。飛行機の便が遅れた、ホテルにクレームを入れたい、スリに遭った、そんな場合も添乗員さんが対応してくれます。フリープランの場合は空港とホテル間の送迎に現地係員が付き、観光プランに合わせて宿泊ホテルにバスが迎えに来るといった内容になります。

意外に重要なのが食事。土地勘がない状態で3食満足いくものを食べようと思うとなかなか難しかったりします。(さらに空腹時は同行者とケンカになりやすい、ってことも付け加えます)無難な食事内容でも、3食付のパックなら「店が決まらずに食べられなかった・・・」なんてことはありません。逆に自分でレストランを探したくなることもあるかと思います。予めキャンセルは確認しておきましょう。

パック旅行のデメリット

  • 決められた工程のみ、自由度が低い
  • 団体での行動になり、ロスタイムが多い(例えば空港とホテル間の送迎も他ホテル宿泊者分も回らなくてはならない)
  • 1人で参加すると割高
  • 受動的な旅行になってしまう
  • 決まった宿に連泊になるため、遠出ができない(別で宿をとって遠出してもいいんですけど、もちろん余計な出費になる)
  • 用の無い土産物屋に連れて行かれる

やはり、自由度が低いというのが第一のデメリットでしょうね。初めて行く土地であれば、どこを訪れても新鮮、観光地も楽しい。けれど、2度目となれば違った場所へ足をのばしたくなるものです。そんな時はパック旅行の定番コースではなく、オプショナルツアーを申し込むのも一つの手です。

一方で価格の面では個人手配に比べそこまで割高になるということはないようです。理由としては、旅行会社が仕入れる航空券は正規価格に比べ大量購入の為安価ということと、ホテルと提携し、これまた安い価格で宿泊ができるから、という理由があります。個人ではできない技ですよね。

最後の項目、これは格安のパック旅行ではもう仕方ない部分があります。土産物屋などから旅行会社がバックマージンをもらっている場合があり(結構大手の会社でも・・・)、そのプランをキャンセルする場合は料金が発生するなんてことも起こるそう。たとえ土産物屋に行っても、いらないものは買ずに断わる強い心をもちましょう。

パック旅行を申し込む

テレビCMやWeb広告では、やはり大手が目立ちますがその他の旅行会社もそれぞれの得意エリア・得意分野で魅力的なパック旅行を提供しています。たまにはHISやJTB以外の旅行会社のツアーも調べてみては?

また、友人との打ち合わせも兼ねて直接店頭へ足を運んでみるのもいいでしょう。初めての海外旅行なんて場合は、やっぱりプロの人に話を聞くのが一番だと思うんです。売り出されたばかりの格安商品と巡り合える可能性もあります。日程が限定の商品では休みの融通がある程度効く人じゃないと難しいかもしれませんが・・・。

とにかく安いパック旅行ってどうなの?

Web広告や新聞で募集している格安が目玉のパック旅行です。
新しいホテルができた、今までなかったフライトが新規就航したなどなどの理由から格安のプランが発売されます。LINEやツイッターでいち早く情報をキャッチできますから、登録してみるのも良いかもしれません。

他のパック旅行でもいえますが、格安の宿はやっぱり立地やグレードの点で「理想と違った」ということが起こります。(海辺のリゾートでゆっくり過ごすつもりが騒がしい繁華街だった、なんてことも起こります。価格重視ということで割り切るのも策ですが・・・)価格だけの即決ではなく、3泊や4泊するのであればホテルもしっかり確認したいですね。

その他格安のパック旅行でよくあるのがフライトの時間が掛るとか、例えば東京発のツアーであれば都心から近い羽田ではなく成田発のものだということです。1泊3日、つまり移動で貴重な2日を使ってしまうなんてこともあります。

個人手配で個人旅行(自由旅行)をする

旅慣れている方であれば航空券、ホテルの手配まで全て完全に自分で行う個人旅行もよいかもしれません。
LCCの登場で、片道だけの航空券でも安く手に入れられるようになりました。バックパッカーのような気ままな旅はこれに該当するのでしょうね、わたしも行ってみたいものです。

個人旅行のメリット

  • 自分好みの旅行プランがたてられ、自由な旅が楽しめる
  • 遠くに住む友人と海外の現地で集合、なんてことも可能
  • パック旅行のような日数や宿泊地の縛りがない
  • 長期旅行・逆の弾丸ツアーも可
  • 1人でも割高にならない!

特に自由度が高いという点で、東京・名古屋・福岡にいる友達とタイで旅行する、なんてときは成田空港に集合したり旅行会社に相談するよりも個人で手配してしまったほうが楽かもしれません。

また、通常旅行会社でホテルを予約すると基本が1部屋2名料金の為、ぼっち参加は1人参加追加代金なるものが掛ります。シングル優遇してくれ!とも思うのですが世知辛いですね。個人手配でホテルを予約すればそんな料金は掛りません。

個人旅行のデメリット

  • 各種手配は自分で、トラブルの対処も自分で行う
  • 航空券と宿を別で手配すると割高になる(場合もある)

個人手配の旅行は自由な分、自己責任が求められます。語学力が心配な方は予めクレームの言い方なんかを勉強しておくといいですね。

割高になるかどうかは一概には言いづらいですが、個人で航空券を手に入れる場合、正規料金の航空券しか見つけられない場合はとんでもない金額になるので、そんな場合は旅行会社に相談してみましょう。

現地発のオプショナルツアーを上手に使おう

このテーマだけで1ページ書くちゃいそうなんですがプランを立てる際に重要になってきますので、こちらで簡単に説明させていただきます。

オプショナルツアーとは、現地発着の観光やアクティビティです。日本に来た外国人観光客が「はとばす」を利用するみたいなものですね。個人旅行に組み込むのもよいですし、パック旅行のフリープランの枠に追加してもよいでしょう。各旅行会社でも事前に追加料金を払って予約ができますが、航空券などの予約と違って前日まで予約ができるなど現地での申し込みも可能です。

オプショナル専門の旅行会社もあります。国内のプランも豊富なので、国内旅行で普段と違う体験がしたい!という場合に利用するのもよいでしょう。

オススメのオプショナルツアー会社

豊富なオプショナルツアーがそろっていて、見ているだけでも楽しいです。旅行会社のオプショナルツアーでは満足できないかた、こちらもチェックして見て下さいね。


また、各国の現地旅行会社で開催されるオプショナルツアーも要チェック!さらにディープなアクティビティが見つかるかもしれません。

まとめ

さて、これでどうやって予約を行うかがなんとな~く決まるのではないでしょうか。
便利と不便は表裏一体です。どこまで楽をするか、自由に旅行がしたいかがポイントになってきます。

さらに、以前紹介した「旅のテーマを決めよう」でご自身、または度同行者との共通の旅行テーマを決めてみましょう。無理に決める必要はありませんが、旅行プランを立てるということは、選択の連続です。フライトは価格を抑えて多少乗継が不便なものでも我慢するべき?ホテルの立地場は?ぼんやりとでも旅の雰囲気を決めておいた方が手配の際の決め手ができて、ことが運びやすいですよ。

この記事を書いた人

べるべる
べるべる
小学校の頃から南国に憧れて、いまでは立派なアラサー会社員ですが夢見がちな所は治らず。加えて温暖な平野でぬくぬく育ったため寒い所や山道のような過酷な環境は苦手です。
隙あらば海外行く!みたいなガチな旅人ではないところを敢えて強みに、ゆるふわなブログを提供します。

この記事が気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

Twitterでべるべる@トラベルナビリンクをフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA