燃料サーチャージや空港諸税とは一体何?

旅行代理店からの請求に、航空券に加えて「空港諸税」「空港使用料」というよく分からない項目がありますよね。また、やっと見つけた格安航空券が「燃料チャージ料金別」などとなっていた経験はありませんか?
そのもやっとした○○料金について調べてみました!

スポンサーリンク

空港諸税とは?

旅客サービス料(イギリス)、空港サービス料(台湾)、搭乗税(イタリア・ベニス)などなど、名称は様々。使用する空港によって設定されています。

ほとんどの場合で航空券に上乗せされているため、ネット上で航空券を購入した際代金に沿えて小さく表示されています。空港の利用の仕方(乗継かどうかなど)利用するクラスによって料金が変わってきます。

国際線だけでなく、国内線の利用でも設定されており羽田空港290円、成田空港440円などとなっています。

空港諸税とは?

空港諸税の種類

空港諸税にもいろいろ種類があるようです。

何かにつけて理由を作ってお金をとろうとしてる気がしてしまうわ…。

旅客サービス施設使用料(PSFC)とは?

旅客ターミナルビルにてお客様がご利用になるロビー、昇降機設備を含む館内移動施設、フライト情報システムなど、さまざまな施設の維持管理、手荷物カートやお客様案内などサービスの提供に充てるための料金です。

空港施設

MichaelGaida / Pixabay

ふむふむ。「施設を使うなら金払え」ですね。

旅客保安サービス施設使用料(PSSC)とは?

お客様の安全を確保するために行う、高性能検査装置による手荷物検査、ハイジャック検査や旅客ターミナルビルの保安維持などサービスの提供に充てるための料金です。

保安検査なんかは別料金で徴収するのね、やるわね…。

成田国際空港公式WEBサイト より

・・・だそうです。
成田空港では第 3 ターミナルが供用されるに合わせて、さらに旅客サービス施設使用料(PSFC)というものが導入されることとなりましたようです。

具体的にいくらなの?金額は?

先ほども書いたように、空港使用のシーン(出発・乗継)で異なります。

成田空港を例にとると、

大人 こども
【出発時】施設使用料 2,090円 1,050円
【乗継時】施設使用料 1,050円 520円
【出発・乗継時】
保安サービス料
一律520円

案外高い値段払ってるんだな・・・・。

どうやって払うの?

ほとんどの場合旅行会社が航空券発行の際に徴収する形をとっています。これは旅行会社が後から空港に収めます。

ですが、一部空港ではチェックインや搭乗の際に出国税や空港使用料を現金で支払う(後述)ところもあるので一応調べておいた方が安心。支払いは現地紙幣またはドル。大体数百円から3000円程度が多いようです。帰国のフライト時に、現地のお金を使いきって支払えず困ってしまう、なんてことも。ある程度のドルキャッシュは持っていた方が安心ですね。(日本円は使えない!特に小銭は論外です…

そもそも空港って誰(どこ)が運営してるの?

素朴な疑問ですよね。空港諸税として支払ったお金はどこに行きついて、何に使われているのか…。

感覚からすると空港は公共のもの、といった気がしますよね。実際、日本国内の大部分の空港は国や地方自治体が管理しています。民間会社による管理は成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港の3空港です。

↓世界の主要な国際空港とその実態。運営元など記載されてます。pdfで、ちょっと重いです。

国土交通省「海外空港の実態について」:000040248.pdf

燃料サーチャージ

サーチャージ(surcharge)=割増料金。
燃料価格の高騰に伴って航空会社が乗客に価格を負担してもらっているものです。

燃料代が下がったからって、一度始まった慣習は無くならないですよね…とほほ。

航空保険料

航空会社が保険会社へ掛けている保険料を乗客に負担させているもの。
じゃあ、燃料サーチャージの「保険版」といったところでいいのかな。
個人で加入する海外旅行保険とは別物です。って転化してばっかじゃないか。こら!

【要注意!】入国・出国税を現地で支払う国

空港使用税や入出国税を現地で支払う例を少しだけ紹介。

  • パラオ『出国税』20.00 米ドル、『環境税』30.00 米ドル など
  • フィリピン『旅客ターミナル料』750.00 フィリピンペソ など
  • ニュージーランド『空港開発使用料』5.00 ニュージーランドドル

などなど。

ですが、世界の流れ的には航空券の料金に含まれた、予め支払う方式に移行しているようです。(カンボジア2011/4/01、インドネシア2015/3/1航空券発券時支払いに移行)ちなみにその状態を「切り込み」になっている、というようです。海外旅行用語のようですが、調べると乗継をした際に2番目以降の便を「切り込み」と呼ぶ場合もあるようです。
例)今日成田からの切り込みにちょうどいい便がなくってさ~。

支払い方は変更になることがありますので、出発前に空港のサイトや情報サイトでの情報収集をお勧めします。

引用元:JTB 空港諸税(現地支払いの空港税等がまとめられています)
インドネシア国内空港 国際線・国内線利用時の空港使用料について | ガルーダ・インドネシア航空
カンボジア出国の際の空港税(国際線)の支払い方法が変更になります|カンボジア旅行のアンコールツアー / 最新ニュース

この記事を書いた人

べるべる
べるべる
小学校の頃から南国に憧れて、いまでは立派なアラサー会社員ですが夢見がちな所は治らず。加えて温暖な平野でぬくぬく育ったため寒い所や山道のような過酷な環境は苦手です。
隙あらば海外行く!みたいなガチな旅人ではないところを敢えて強みに、ゆるふわなブログを提供します。

この記事が気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

Twitterでべるべる@トラベルナビリンクをフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA