海外旅行にはバックパックとスーツケース、どっちがいいの?旅のスタイルで賢く選ぼう!

旅行の際、身軽なバックパックか、容量のあるスーツケースかで迷われる方も多いのではないでしょうか。そんなときの選ぶヒントをご紹介します。そもそも、バックパックかスーツケースかは旅の目的によって決まってきます。
簡単に言うと、以下のとおり。

  • アクティブに現地を泊まり歩くカジュアルな旅はバックパックで
  • 現地移動の少ないスマートな大人旅はスーツケースで

続けて詳しく説明していきますね。

スポンサーリンク

各地を自力で転々と…アクティブ旅にはバックパック!

バックパックのメリット
とにかく身軽です。現地で一所に留まらず移動が多い、複数の宿泊地を点々とするような旅行に適しています。

○街を歩くなら身軽なバックパック

舗装がガタガタ、いたるところに得体の知れない水たまりのある道でもサクサク移動ができます。スーツケースにも言えますが、小さいサイズなら手荷物として機内持ち込みができるので空港で預け入れ荷物がターンテーブルに流れてくるのを待ずに済みますね。

×宿泊するホテルのランクを考慮してね…

ただ、おのずと服装もカジュアルになるので、少し高級なホテルに泊まったりする場合はちょっと恥ずかしいかも。やっぱりバックパッカーには安宿ですな。

4日以上の旅行は30ℓ~が目安

4~5日くらいの旅行であれば、せいぜい30リットルくらいのバックパックで十分かなと思います。1週間以上でも40リットルくらい?逆にそれ以上詰め込むと重くて大変ですからね。

登山用の大型のものになると80リットル程(機内持ち込み可のスーツケースが最大40リットル程度)なんていうのもあります。旅行先でも体の前後に大きなバックパックを背負った外国人バックパッカーを良く見かけますね。一体何が入っているんだ・・・。体力に自信があればどうぞ!

長期滞在型スマートな旅にはスーツケース!

スーツケースのメリット
旅行代理店のツアーを使えば、現地空港からホテルまで送迎がつくことが多いですし、
帰りもホテルで拾ってもらって空港へもまた然り。ホテルを拠点として観光をするスタイルであれば重い荷物を持ち運ぶことはないので、スーツケースがお勧めです。

自宅、空港間の配送サービスでさらにスマート旅

加えて家から空港までのスーツケース配送サービス使えば、沢山の荷物でも楽々旅行ができてしまいますよ。特に帰路、お土産で重たくなったスーツケースをゴロゴロ押して帰らなくてもいいのはかなり楽ちん!
ツアーパックに、スーツケースの配送割引券がついていたら、使わない手はありません!但しその際は自宅に届くのが翌日以降となるので、腐りやすいものや早く洗濯したいものは分けておいた方がよいですね。

まとめ | まずは旅のスタイルを考えて

女性の場合、持ち物が多く、どうしても容量が多いスーツケースになってしまうって場合もあるかもしれませんね(笑。

ですが、ときには思い切って荷物を減らすことも大事!バックパックとスーツケース。旅の目的や行き先に合わせて、使い分けてはいかがでしょうか。

旅行・出張が年に1・2回ならスーツケースレンタルもアリ

普段旅行をしないし…と、スーツケースの購入を躊躇しているかた。1日数百円のレンタルスーツケースもありますから気軽に試すことができますよ。

ブランドの高~いスーツケース(サムソナイトとか7万以上したりするし…)なんかは一回レンタルして使い勝手を知ったうえで購入してもいいかもしれませんね。サムソナイトも3000円弱からお試しできます。30日間でも9,000円程度なので、長期になるほどお得です。出張にいいかも。

【DMM.com】スーツケースレンタル

こちらのサイトでは、スーツケースの他デジカメやアウトドア用品など旅行で活躍するアイテムがお手頃価格でレンタルできます。ちょっといい品をお試しで使えていいですね♪



この記事を書いた人

べるべる
べるべる
小学校の頃から南国に憧れて、いまでは立派なアラサー会社員ですが夢見がちな所は治らず。加えて温暖な平野でぬくぬく育ったため寒い所や山道のような過酷な環境は苦手です。
隙あらば海外行く!みたいなガチな旅人ではないところを敢えて強みに、ゆるふわなブログを提供します。

この記事が気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

Twitterでべるべる@トラベルナビリンクをフォローしよう!

スポンサーリンク

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA